So-net無料ブログ作成
検索選択
抗がん剤 ブログトップ
前の10件 | -

抗がん剤、いったんお休みに [抗がん剤]

このところ、非常に調子がいい。
毎晩、息子の部屋にお気に入りぬいぐるみをくわえては入り浸り、「アソボ、アソボ」とはしゃぎまわっているみたい。おかげで寝不足~と、息子がこぼしていた(笑)

IMG_0836.jpg


さて、今日は抗がん剤投与後の定期検査のため、日本動物高度医療センターに行ってきた。
血液検査、レントゲン検査、超音波エコーの結果からは、目で見て癌と分かるものはないとのこと。腎臓にあったのう胞も小さくなっており、一安心。でも、肝臓の動脈がかなり太くなっていた。これは心臓の影響らしい。見た目では全くわからないのだけど、心臓が徐々に悪くなっているようだ。

そうそう血液検査の結果、白血球(SEG))は1395まで落ちていた。ここまで落ちたのは初めて。
白血球の戻りが悪くなってきたこと、現在のところ再発がないこと、すでに5回抗がん剤をうっていること、抗がん剤は毒でもあることなどなどで、いったん抗がん剤の投与は止めて、検診で通うことになった。
まずは1ヶ月ごとに今回と同じように血液と映像検査。大丈夫なようであれば2ヶ月ごとと延ばしていくとのこと。抗がん剤は止めても、近所の動物病院でいただいているアガリーペットとマイトマックスは続けていくつもり。

このまま再発しませんように。。。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

少し調子が悪い [抗がん剤]

先週末あたりから食欲が少し落ちていたが、本日は全く食べなかった。

今日は、私の友人が遊びに来た。そのせいで食欲がなくなったのかもしれない。
人見知りなので、誰かが来るとかなりのストレスになる。ただ今日は息子が休んで家にいたので、たとえリビングに友人がいても、息子の部屋に逃げられるから大丈夫と思っていたのだけど、、、友人が帰るとすぐにトイレに行って下痢をした。2回、3回と。

その後もごはんはもちろんのこと、リコッタチーズも食べない。これを食べなければサプリメントや薬を飲ませられない…。大好きな牛乳も飲まないし、ジャーキーも食べない。

鼻は濡れているし、ぐったりはしていないので、抗がん剤の副作用で食欲はないのかもしれないとも思うが、牛乳が飲めなくなったのは腹膜炎を起こしていた5月以来なので、心配でしかたない。

明日には元気になりますように。。。

nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

抗がん剤(5回目) [抗がん剤]

DSCN0932.jpg


前回の検査でクレアチニンが若干高めだったので、今回数値が上っているか横ばいであれば、抗がん剤の量を控えるか他の抗がん剤に変更するかと言われ心配したが、検査結果で0.8と正常値に戻っており、問題なく今までと同じ抗がん剤が投与できた。ラビの癌には現在投与している抗がん剤が最も効果があると聞いていたので、他の抗がん剤に変更してまで治療を続けるかどうか迷いがあった。ひとまず安心。尿素窒素も33.5で前回より低くなっていた。(とはいえ尿素窒素は基準値をオーバーしているのではあるけれど。)白血球(SEG)は5800。

治療が終わり待ち合いに戻ると、可愛いパグが目に入った。ユーモラスな顔つきが夫とよく似ていたので、親しみを抱いたのかも?(笑)。あまりに可愛いので、そのパグのすぐ後ろの席に座ってじっと見ていたら、人懐こそうな顔をして近寄ってきた。「可愛いですねえ」と飼い主の方に話しかけたところ、何の病気で?と尋ねられ、癌だったこと、手術をして抗がん剤治療に通っていることを話すと、抗がん剤の治療費について尋ねられた。可愛いパグちゃんも癌だとのこと。確かに、保険のないワンコの治療費は気になるところだ。私も日本動物高度医療センターでの初診時に「え?(^_^;」と思ったので、高額な治療費がいつまで続くか不安になってしまう気持ちはよくわかる。抗がん剤の費用は体重によって違うとも聞いたので、あくまでもうちの場合と目安をお話した。

IMG_0622.jpg


このところ家族が帰ってきても寝ていて気が付かないなど、ちょっと様子が気になるところがある。しかしこれは病気のせいというより、年のせいといったほうが正しいのだろう。

家族が帰ってきたら「おかえり!おかえり!」と飛び跳ねていたころが懐かしくはあるけれど、仕方ないよね。
寝てばかりでもいいから、このまま再発することなく長生きしてほしい。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

抗がん剤(4回目)2週間後の血液検査 [抗がん剤]

写真.jpg


土曜日。食欲もあるし、元気だし、検査結果はきっと今日も問題なしだよね~っと、元気よく日本動物高度医療センターに向かった。

結果、白血球(SEG)は2300台。これは投与後2週間が一番低い数字となるので特に問題なし。尿素窒素(BUN)は相変わらず高めの36。でも前回が43だったので、少しマシ。ただ、前回0.9のクレアチンが1.44になっていた。クレアチンの正常値の範囲は1.4までなので、僅か0.04オーバーでさほど気にしなくてはいいのではあるけれど、加齢性のものかもしれないし、抗がん剤の影響かもしれないとのこと。

次回の血液検査、超音波検査の結果で、今後の抗がん剤投与について考えなければいけないかもしれないと言われた。抗がん剤も長期投与になると骨髄がへたってきて、白血球の戻りの値も悪くなってくるし他の臓器への影響も出てくるそうなので、いつまでも続けるのもどうかとは思っていたけれど。。。

ちょっとがっくりきた一日でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

副作用もそれほどではないみたい [抗がん剤]

朝ごはんはお昼ごろまで食べられなかったけれど、お昼過ぎには完食。晩ごはんは時間通りに完食。
ウンチは少し緩かったけれど、まだしんどそうではあるけれど、抗がん剤の副作用からの回復も早くなってきた。
元気な姿を見ていると、もう治っているんじゃないかな?と思えてくるほど。

IMG_0557.jpg


今日は2種類のサプリメント、マイトマックススーパーとアガリーペットを一度に両方ともリコッタチーズに混ぜてみたが、嫌がることなくむしろ喜んで食べた。

IMG_0552.jpg


食べている途中で、ダメモトで錠剤のエースワーカーを仕込んでみたところ、うまく飲み込んだ。これならプロセスチーズに頼らなくてもなんとかなりそう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

4回目の抗がん剤投与 [抗がん剤]

土曜日、日本動物高度医療センターにて、4回目の抗がん剤投与を行っていただいた。
血液検査の結果は、白血球の数値に関しては6000代後半で問題なし。
ただ、カリウムの値が今までより高くなっていた。心臓に問題ありだそう。
進行すると、最終的には復水がたまって死に至るらしい。
癌は腹膜転移だし、いずれにせよ最後は復水がたまっちゃうのかな。。。辛いよね。。。

心臓への負担を考えると、激しい運動はNG。軽い散歩はいいけれど、散歩させなければいけないという犬種でもないので、無理に散歩させなくてもよいと言われた。

仕事を辞めたらラビと一緒に散歩して、お互いの運動不足を解消しようと思っていたけれど、ダメなんだね。
元気な時にいろんなところに連れていってやったらよかった。。。
この数年忙しかったので、本当にほったらかしにしてしまっていた。
その間にいろんな病気が進行してしまった。
ごめんね、ラビ。。。

DSCN0921.jpg


塩分はNGとのことなので、サプリメントチーズで練ってやっていることも考え直さなければいけない。今はベビーチーズ1/4を毎日やっているが、そのチーズの塩分が気になる。そこで、無塩チーズが売られていないかネットで検索してみたところ、リコッタチーズ(カッテージチーズ)の作り方が載っていた。

IMG_0499.jpg


レシピでは2リットルの牛乳だったけれど、毎日少しずつしか使わないので200ccにして換算。
塩は特に必要ではないみたいだから省略。そして・・・

牛乳200CCにレモン汁大さじ1/2を混ぜて、火にかける。
弱火でかき混ぜていると分離してくるので火を止め、漉す。

ここまでは簡単にできたけど、コーヒーフィルターで漉したので目詰まりを起こし、途中フィルターを交換。ものすごく時間がかかってしまった。茶こしで漉せばよかったかも。。。

IMG_0505.jpg


できあがりがプロセスチーズのように固くはなくクリーム状なので、今までのようにサプリメントをねりねりして与えるのは難しい。サプリメント入りのクリーム状で食べるかどうか・・だなぁ。今日は昨日の抗がん剤の副作用か食欲が全くないので、今までどおりのチーズでやった。明日、食欲が回復すれば、今日作ったリコッタチーズでトライしてみよう。

そうそう、目薬を入れても目やにが治らないことも相談してみた。
すると、これももう治らない。頻繁に人工涙液などで洗ってやるしかないとのこと。マイティアで目洗いをしていると高くつくので、刺激の少ない目洗いやホウ酸水、コンタクトレンズ保存液でもよいらしい。

目やにより白目の部分が赤くなっているのが気にかかると言われ、副腎皮質ホルモンを点眼しても赤みが取れないようであれば、治療を考えたほうがよいと言われた。朝お風呂に入れたので、せっけんが目に入って赤くなっているかもしれないため、1週間ほど様子見。

レントゲンやエコーの結果、肉眼では転移(再発)は見られないとのこと。再発がないのは嬉しいのだけど、心臓がここまで悪いとは思っていなかったので、ちょっとショックです。

IMG_0467.jpg


昨日までの元気はどこへやら。ゴハンも食べずしんどそうな様子。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

2週間目の検査 [抗がん剤]

血液検査の結果は、白血球が2600台。
2000以下ではないので、OKだそう。
下痢も抗がん剤の副作用でしょうとのこと。
27日に、血液検査、エコーで問題がなければ4回目の抗がん剤投与となる。
インターフェロンについて尋ねたところ、高度医療センターでは腫瘍の治療としては選択していないとのこと。ただし一部のがんや皮膚病気などに使うことはあるそう。

抗がん剤投与後に、一時的に目が見えなくなっていることを相談してみたが、ラビは色素沈着により目が見えにくい状態になっていることから、副作用とは関係ないのではないかとのこと。で、色素沈着は治らないそうだ。散歩に出てテリトリーから出ることをひどく嫌がるのは、目が見えにくくなっていることも関係あるかも?

IMG_0236.jpg


8時半:ごはん(ささみ1本、鶏レバー半分、キャベツ少々)を与えるが食べない
9時:散歩 100m 普通便
11時:高度医療センターで血液検査
13時半:帰宅後、普通便 朝の残りのごはんを食べる
15時:マイトマックススーパー、アガリーペット(サプリメント)をチーズで練ったもの+エースワーカー(薬)
19時:ごはん(ささみ1本、鶏レバー半分、キャベツ少々)完食
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

抗がん剤と下痢は関連あるのか? [抗がん剤]

今週の頭ごろからウンチが緩くなり、便の回数が増えてきた。
抗がん剤を入れて1週間なので、やはり副作用なのかしら?

食欲はなくもないが、かといって元気…という様子ではない。
息子が帰ってきてもお迎えに行かなかったり、あまり喜ぶ様子も見られない。

抗がん剤をうって1週間は元気だったので、今回は副作用がないと喜んでいたけれど、2週目になって出てきたのかもしれない。

IMG_0231.jpg


今までの日記から、抗がん剤と胃腸の調子を書き出すと・・・

6/5:1回目の抗がん剤投与
6/6:元気がない
6/7:元気がない
6/10~6/13:嘔吐
6/22~6/23:嘔吐
6/22:軟便~
6/26:2回目の抗がん剤投与、元気がない
7/11~7/16:下痢
7/17~7/19:嘔吐
7/19~7/22:下痢、軟便
7/24~7/28:軟便、下痢
7/30:3回目の抗がん剤投与
8/8~8/9:軟便
8/10~8/11:元気がない、下痢

こうやって書き出してみると、抗がん剤投与10日くらいから軟便、下痢になっているようだ。
やはり下痢は抗がん剤の副作用なのかもしれない。。。

今日から食や便の様子などを毎日記録しておこう。

1時ごろ?:下痢
7時半:ごはん(ささみ1本+鶏レバー半分+キャベツの葉半枚+フード7粒)
    おだてながら手で食べさせるがレバーをほんの少しだけ
8時:散歩(500m)
9時:残っていたごはんを完食
16時:サプリメント(アガリーペット+マイトマックススーパー)、薬(エースワーカー)を
    ベビーチーズ1/3に練りこんで与える
19時半:晩ごはん(寝ていて見向きもしない)
21時:手で食べさせて勢いをつけ、あとは自力で食べさせる。キャベツとフード以外を食べる
    (ささみ1本、鶏レバー半分、キャベツ1/2枚、フード7粒)
その他に、牛乳を100ccくらい(一日の合計)
nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

3回目の抗がん剤投与 [抗がん剤]

金曜日から下痢が止まった。
下痢が止まったばかりで不安はあったが、抗がん剤投与の土曜日に主治医からリスクとメリットについての詳しい説明を聞き、治療を続けることにした。

IMG_0139.jpg


エコーでは再発は見えなかったが、顆粒膜細胞腫瘍(ガン)は半年~1年たって再発があることもあり、抗がん剤が奏効しているかもしれないが個体差による再発の時期の遅れ(?)も考えられるとのこと。抗がん剤をストップしても、半年1年は再発がない可能性もあるのかもしれない。

血液検査の数字に問題がないので今回は投与をお願いしたが、投与を繰り返して毒が蓄積していくことにより悪い結果が出ることも考えられなくはないらしい。もちろん、そのためにも検診をしっかりしてコントロールしていくのではあるけれど。。。

悪い結果は出ておらず、再発も抑えられていることから、このまま抗がん剤投与を続けていくのがよいのかもしれないが、やってみなければ分からないという綱渡り的なものでもあり、12歳という年齢から考えて、抗がん剤治療を続けていくことがラビにとってベストと言えるのだろうか。。。腎臓に負担がかかるらしいので、腎不全を起こしてしまう可能性もなくはない。

そうそう、ひとつ気になることがある。

抗がん剤投与のたびに思うことだが、投与後、極端に視力が落ちているような気がする。元々視力がかなり落ちてはいたが、投与後は失明したのではないかと思えるほどに周囲が見えなくなっている。柱にぶつかったり、呼んでも居場所がわからず来ることができなかったり。

2~3日で少しは回復しているようにも思えるが、抗がん剤で失明することがあるのかしら? 
次の検診は2週間後なので、そのときに忘れず聞いてみよう。

ちなみに副作用について、今回は前回ほどぐったりはしておらず、食欲は多少落ちて日曜日の朝ごはんは食べなかったものの、サプリ入りのチーズボールはペロッと平らげ、晩ごはんも完食した。吐き気も今のところはなく、下痢も大丈夫。抗がん剤続けたほうがいいのかなぁ・・・。悩む。。。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

抗がん剤投与の延期 [抗がん剤]

先週、白血球の値が戻っていなかったため、抗がん剤の投与が1週間延期となっていた。
覚悟して日本動物高度医療センターに行ったところ、不安な要素(下痢)があるのであれば、もう1週間延期してもよいとのこと。今のところ目で見てわかる再発がないので、急がなければならないというものではないらしい。
「投与すれば取り返すことはできないから」と言われ、もう一週間の先延ばしをお願いした。この1週間で体調を整えなければいけないけれど、下痢は治るかなぁ…。

DSCN0876.JPG


多めにやっているアガリクス+サメ軟骨サプリメントが効いて、病理検査では見つかった癌の芽が、なくなる・・・ってことはないのかなぁ。

私が家にいること、散歩に連れていってやれることでストレスフリーとなり、免疫力アップにつながっていると信じたい。奇跡を信じてがんばろうね、ラビ。

ちなみに・・・日本動物高度医療センターに行ったのがストレスだったのか、土曜と日曜の朝は下痢しちゃいました。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - 抗がん剤 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。