So-net無料ブログ作成

動物病院に行くのがストレス? [心臓病]

お薬(抗生物質)を止めたとたん、ウンチが少し緩くなっていたので、昨日は薬の追加をいただくために動物病院に行った。

軟便程度だったので薬をもらうだけでいいと思っていたのだけど、電話をしてみたら「できれば連れてきてください」とのこと。ストレスにならないかなぁと思いながら車に乗せると、先週と同じようにキュンキュン言い始め、車の中ではなんとか我慢させたものの、動物病院で抱っこをしていたときに下痢してしまった。ダウンコート、セーター、ジーパンに下痢が付いた…。

診察台の上でも水のような下痢をおもらし。便の検査は先週と同じで悪玉菌が見られたとのことで熱は38.8と平熱。薬をもらって帰宅した。

ところが、帰宅後、呼吸が荒くなった。夕方には1分間に120。どうみても重病人(犬)にしか見えない。ぐったりとしているラビを家族で取り囲み、もうダメかもしれないと深夜まで見守った。

早朝にはまだぐったりとしていたが、9時ごろに呼吸数は1分間に70~80までになっている。十分早いけれど、昨日に比べたらまし。ごはんも食べた。

IMG_1713.jpg


早朝には日本動物高度医療センターに連れて行こうと思っていたけれど、川崎までの約1時間を考えると、さらにほぼ半日はかかる検査を思うと、ラビにとってさらにストレスになるのではないかとも思い、今、迷っている最中。。。

ああ、どうしよう。。。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 3

うさこ

こんにちは。 はじめまして
うさこです。ご訪問いただきどうもありがとうございます。^^

うちは もも(13歳8ヶ月) (←もものニックネーム?たまに「ペロ」(pero)と
書くことがあります。^^;) ♀なのに・・汗
blogはじまった時はペロだったのに、途中で本名「もも」を出してしまった為です。 お好きな方でよんでください。

前置きが長くなりましたが、ラビちゃんもそうだったのですね。大変ですね(>_<)

うちは、初めてJARMECに行ったのが、ペロ(もも)が8歳くらいの時に
左ひざの前十字靱帯と半月板の損傷で 手術、その1年後に
右ひざも全く同じにやってしまった時です


乳がんは、 昨年11月末に 乳腺に腫瘍がみつかり、あれよあれよと
いうまに お腹のところが ものすごく(10cm以上 厚さ4cm)大きくなってしまい、
12/12に 義父のお葬式だったのですが^^; 近くの動物病院で
手術になりました。

病理の結果がきたら、リンパにも転移しており、超悪性でした(._.)

12/25にやっと退院し

今は4~3週に1回抗がん剤治療をして 3/3が4回目だったのですが
しぶり(ふんばって でない)がひどくなってしまいました。

かかりつけ医でも あれこれ治療してもらっても治らなかったので
3/14にjarmecとなりました。。。。。

こんな感じですが、 ^^;

ラビちゃんも ペロもがんばっていますね;;


カフェラッテさんも 大変だと思いますが 時々ガス抜きをされて(ワタシが今 言われていること^^;)
くださいね♪

まだ全部の記事拝見できていなくて すみません。

by うさこ (2012-03-19 11:33) 

うさこ

長いのにまたすみません(汗汗)
ももの腫瘍は 超アグレッシブと言われ、普通何カ月もかかって
腫瘍が大きくなるのに 今 ものすごいいきおいで
(別のいくつかあります。 見えるところではお腹、 脇の下にも)

成長してしまっています。

今回 JERMECで検査してもらって、 膀胱の壁がぶあつくて
大腸もちょっと赤いので
もうすぐ病理の結果ですが おそらくガン細胞らしきもの と言われていますので 中も転移してしまいました。

QOL・・ クオリティ オブ ライフで 穏やかにすごさせてあげたいですね。。。 長々と失礼しました。。
by うさこ (2012-03-19 11:36) 

カフェラッテ

うさこさん、ありがとうございます。
今日はラビをJARMECに連れて行こうかどうしようかと悩み、「日本動物高度医療センター」で検索して(十分知ってはいるけれど(苦笑))、うさこさんのblogを見つけました。

ラビはだんだん安定してきましたので、このまま様子を見ることにします。ももちゃんと同じように、うちもQOLを大事にしてやりたいと思っていますが、状態が悪くなると慌ててしまいますね。。。

ももちゃんは緩和ケアに入るのですね。読んでいたら、涙が出てきました。うちもいつかはそうなると覚悟はしているものの、いざその時がくるとひどく動揺してしまいそうです。

弱ったももちゃんを連れてJARMECに通うのに躊躇してしまうお気持ち、とてもよく分かります。最善の医療を受けることはできるだろうけれど、それがワンちゃんにとって最善なのだろうか?と、私も考えてしまいます。

また寄らせていただきます。
よろしくお願いしますね。
by カフェラッテ (2012-03-19 14:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。